9月の紙巻きたばこ販売、前年比27・5%減

2019/10/18 16:48
保存
共有
印刷
その他

日本たばこ協会(東京・港)は18日、9月の紙巻きたばこの販売本数が前年同月比27.5%減の108億本だったと発表した。販売額は22%減の2547億円だった。喫煙者の減少に加えて、加熱式たばこへの切り替えも進んでいる。

2018年9月はたばこ増税前の駆け込み需要があり、約2年半ぶりに前年比の販売本数が増えた。この時は日本たばこ産業(JT)が主力ブランド「メビウス」を40円高くするなど各社が値上げした。

一方、今回は消費増税があったものの、メビウスの値上げ幅は10円にとどまり、駆け込み需要は限定的だった。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]