即位で恩赦、「平成」の4分の1に 被害者感情など配慮

「令和」新時代
2019/10/18 17:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府は18日、22日の天皇陛下の「即位の礼」に合わせて実施する恩赦の政令・基準を決めた。比較的軽微な罪で刑を執行された約55万人が対象で、平成の代替わり時(約250万人)の4分の1の規模になる見通し。「行政による司法権への介入」との批判や被害者感情に配慮し、従来よりも対象を限定した。

対象を一律に定める「政令恩赦」では、刑の効力などを消滅させる「大赦」や刑期を短縮する「減刑」はせず、喪失・停止し…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]