原付バイクシェア、ホンダ始動 観光や法人需要も開拓
21年春までに3400台計画

日経産業新聞
コラム(ビジネス)
2019/10/20 11:48
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

国内初となる原付きバイクのシェアリングサービスが始まった。ホンダはソフトバンクなどが出資するオープンストリート(東京・港)と組み、都内に三輪スクーターを配備した。欧州、アジアでは自転車と並んでバイクのシェアが浸透しつつあり、日本は遅れて始動となる。日常の移動に加えて、観光、法人向けなど潜在的な需要の裾野は広く、バイク普及の新たな道として期待する。

ソフトバンクとヤフー子会社が出資し、自転車のシェ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]