[社説]恩赦の中身を検証すべきだ

「令和」新時代
2019/10/19 19:00 (2019/10/19 19:05更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

皇室の慶事などの際に刑罰を減免する恩赦が26年ぶりに実施される。根強い反対論を考慮し、政府は「対象を軽微な犯罪に絞った」としているが、わたしたちが救済すべきではないと主張してきた選挙違反者は含まれている。政治家と親しい人が得をしていないか、などをしっかり検証し、制度の存廃を論議すべきだ。

今回の恩赦は、刑罰を減免する「大赦」「特赦」はせず、罰金刑で失った職業上の資格を回復する「復権」だけとなった…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]