/

この記事は会員限定です

有田焼 腕時計の文字盤に、セイコーが採用

[有料会員限定]

佐賀県有田町の窯元、しん窯(梶原茂弘社長)が製造した有田焼の文字盤が、セイコーウオッチの腕時計シリーズに採用され、9月に発売された。置き時計の本体などに有田焼が用いられることはあったが、薄さ1ミリメートルの精巧さと高い強度が要求される腕時計の文字盤に磁器が使用されるのは珍しい。新素材を開発し、支援した佐賀県窯業技術センターは「従来の市場と競合しない製品開発により、県内陶磁器産業の新たな可能性を探っ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り900文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン