宮城県丸森町の地域商社、台風被害1千万円 自社栽培のタピオカは無事

台風19号
2019/10/18 19:10
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

宮城県丸森町の地域商社「GM7」は台風19号によって、総額1千万円以上の被害を受けた。同社は2018年に創業したばかりだが、グループ全体の売上高は約3億円にのぼり、人口約1万人の小さな町にとっては大きな存在でもある。今週末には再び大雨が予想されているが、現場では営業再開へ向けて復旧作業に全力を上げている。

「きょうから小学校へ災害ゴミを出せるようになりました。手分けしましょう」

同社代表の斉藤良…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]