中東に自衛隊派遣検討 「有志国構想」は参加せず

イラン緊迫
2019/10/18 14:49 (2019/10/18 17:23更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

菅義偉官房長官は18日午後の記者会見で、緊迫する中東情勢をめぐり「国家安全保障会議(NSC)などにおいて、情報収集強化のために自衛隊の活用について具体的な検討を開始する」と述べた。米国が提唱するホルムズ海峡での有志国による「海洋安全保障イニシアチブ」に参加せず、日本独自に取り組む方針を示した。

これに先立ち、安倍晋三首相はNSCの4大臣会合で、中東での航行の安全確保のため、自衛隊の派遣方式を検討…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]