/

この記事は会員限定です

水道、人口減ると値上がり? 1人当たり負担で地域差

おカネの自由研究

[有料会員限定]

取材先から「将来、水道料金が大幅に上がるかもしれない」と聞いた。心配になって大阪府のホームページを見ると、千早赤阪村は2045年度に16年度比で約2.4倍、能勢町は約1.6倍と試算している。記者(25)の住んでいる大阪市は変わらないようだが、そもそもなぜ市町村によってこれほどの差があるのか。背景を調べてみた。

水道料金は水道事業を運営する各市町村が決める。17年度の1家庭当たりの月平均の水道料金は大...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り452文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン