東海第2原発、支援規模3500億円に 東電が大半負担

2019/10/18 13:29
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京電力ホールディングスは、日本原子力発電(原電)の東海第2原子力発電所(茨城県東海村)の再稼働に向けた金融支援を近く決める。原電が17日に電力各社に総額3500億円規模の支援を要請することを決めたため、東電は月内にも取締役会で支援を決める見通しだ。東電の負担額は2000億円強とみられる。原電は資金繰りが厳しく、原発の再稼働に向けて電力各社からの支援を仰ぐ。

東海第2は東日本大震災による東電福島…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]