/

この記事は会員限定です

「離婚協議」うんざり 幕引き急ぐEU、英なお迷走も

欧州総局編集委員 赤川省吾

[有料会員限定]

まるで英国の送別会のようだった。新しい離脱案を承認した欧州連合(EU)の首脳会議では17日、「寂しくなる」(トゥスクEU大統領)などと別れを惜しむ発言が相次いだ。合意の裏には3年間も英国との「離婚協議」に振り回され、早く幕引きを図りたいというEUの本音がある。だが意に反してブレグジット(英離脱)騒ぎは終わらず、英政治の迷走はまだまだ続きそうだ。

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1416文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン