/

この記事は会員限定です

専業主婦世帯に忍び寄る貧困 離職食い止めが急務

[有料会員限定]

かつて日本の標準的な家庭だった専業主婦世帯に、貧困の影が忍び寄っている。18歳未満の子供がいるケースで貧困率が約1割に上ることが、独立行政法人の労働政策研究・研修機構(JILPT)による調査で分かった。子育て世帯の平均をおおむね上回る。夫の収入がリストラなどで減っても、「男が家計を支える」という固定観念から抜けられないようだ。

JILPTが2011年、12年、14年、16年に実施した「子育て世帯全...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1879文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

南 優子

カバージャンル

  • 子育て・教育
  • 仕事と家庭
  • ダイバーシティー

経歴

多文化共生や女性活躍支援、次世代を育む様々な「学び」を中心に、子育て、家族、働き方、キャリアなど、生活者にとって身近なテーマを追っています。海外の事例や取り組みにも着目しています。様々な背景を持つ人たちが本来の力を存分に発揮するために必要なことやしくみを探ります。現職はグローバルイベントユニット部次長。

活動実績

2019年11月13日 鈴木秀洋・日本大学危機管理学部准教授 日本記者クラブ 会見リポート

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン