NYダウ反発し23ドル高、米主要企業の業績期待で

2019/10/18 5:30
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=戸部実華】17日の米株式相場は反発した。ダウ工業株30種平均は前日比23ドル90セント(0.1%)高の2万7025ドル88セントとほぼ1カ月ぶりの高値で終えた。米主要企業の7~9月期の決算発表が本格化しており、業績改善を好感した買いが相場を押し上げた。

17日に発表した7~9月期決算で特別項目を除く1株利益が市場予想を上回った機械のハネウェル・インターナショナルが買われた。米中貿易摩擦などの影響を受けやすい資本財関連銘柄の業績が予想ほど悪くないと受け止められ、建機のキャタピラーや工業製品・事務用品のスリーエム(3M)などにも買いが波及した。

金融のモルガン・スタンレーも同日に市場予想を上回る四半期決算を発表し、買いが優勢だった。同業のJPモルガン・チェースなども上昇した。ユナイテッドヘルス・グループへの買いも目立ち、ダウ平均を押し上げた。ダウ平均は午前中に110ドル高まで上昇した。

英国と欧州連合(EU)は17日、焦点となっていた北アイルランドの国境問題などを含む離脱の修正案で合意した。朝方は好感した買いが先行した。もっとも、英議会は19日に新離脱案を審議する見通しで、北アイルランドを地盤とする閣外与党の民主統一党(DUP)は同案を支持できないとの意向を示した。円滑なEU離脱への不透明感から、ダウ平均は下げに転じる場面もあった。

16日夕に発表した四半期決算で売上高が市場予想に届かなかったIBMが大幅安となったのも、ダウ平均の重荷となった。

ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は前日比32.669ポイント(0.4%)高の8156.853と約1カ月ぶりの高値で終えた。16日夕に発表した四半期決算で全世界の契約者数の伸びや1株利益が市場予想を上回った動画配信のネットフリックスが高い。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]