/

この記事は会員限定です

給食から消えた和食 子どもの舌を取り戻せ

和食リセット(3)

(更新) [有料会員限定]

「昆布とかつお節を一緒に口に含んでごらん」

料理研究家の柳原尚之(40)が話しかけると、教室がしんと静まりかえった。少しすると、子どもたちがざわめき始めた。

「あ、おいしい」「いい香りだ!」

小学校で和食を伝える

江戸時代に興り、和食を伝える「近茶流」の継承者である柳原は今、小学校の教壇に立つ。10月半ばのこの日は、東京都千代田区にある私立雙葉小学校を訪れた。担当したのは「味覚の授業」。今年で9回目となる食育活動で、全国の学校を料理人や料理研究家が訪れ、子どもたちに食文化を伝える取り組みだ。

授業が終わると、教壇には柳原を囲む子どもたちの輪が自然にできた。

「かつお節って木みたいに堅いよ」

「削り器ってこうなってるんだ」

一昔前の人なら当たり前のことにも子どもたちは驚く。多くの子どもにとっては、初めて見るものだからだ。

人気ランキングでは急落

和食が好きと答える人は半分以下で、1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2295文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

和食リセット

和食離れが続いている。好きな料理では焼き肉やラーメンの人気が高まり、コメの消費量は右肩下がりだ。だが、洋食や中華料理に押されているのは、和食がその魅力を十分に消費者に伝えられず、担い手作りが遅れてきたためでもある。反転攻勢に向けて和食を見つめ直し、輝きを取り戻そうとする動きが広がってきた。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン