9月の米鉱工業生産 0.4%低下 GMストで車生産減

2019/10/17 23:15
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=長沼亜紀】米連邦準備理事会(FRB)が17日発表した9月の鉱工業生産指数(2012年=100)は109.5となり、前月の改定値から0.4%低下した。2カ月ぶりの低下で、0.2%程度の低下を見込んだダウ・ジョーンズまとめの市場予測を下回った。前年同月比では0.1%低下した。

9月の米鉱工業生産は、自動車生産の落ち込みなどで低下した(米テネシー州の自動車工場)=ロイター

製造業が前月比0.5%低下した。ゼネラル・モーターズ(GM)の工場ストライキの影響で自動車生産が落ち込んだ。自動車・同部品を除くと、0.2%の低下だった。前月急上昇した鉱業は反動で1.3%低下した。電気・ガスは1.4%上昇した。

設備稼働率は77.5%で、前月の改定値から0.4ポイント低下した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]