/

この記事は会員限定です

おにぎりの「適正価格」 ミシュラン店の問題提起

和食リセット(2)

(更新) [有料会員限定]

コメ離れが進んでいる。1人当たりの消費量は半世紀で半減。供給を絞る国の施策で価格が上昇し、さらに需要が冷え込む負のスパイラルに陥っている。「『主食』の名にあぐらをかいていたら衰退するだけ」。市場関係者も危機感を募らせる。

頼みの綱は、おにぎりだ。他の産業と同様、製品の付加価値を高め、素材の需要も喚起する。「お手ごろ」な価格は成長の余地もある。現代のライフスタイルにも合う日本のソウルフードは「コメ文...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2763文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

和食リセット

和食離れが続いている。好きな料理では焼き肉やラーメンの人気が高まり、コメの消費量は右肩下がりだ。だが、洋食や中華料理に押されているのは、和食がその魅力を十分に消費者に伝えられず、担い手作りが遅れてきたためでもある。反転攻勢に向けて和食を見つめ直し、輝きを取り戻そうとする動きが広がってきた。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン