/

五輪マラソン札幌開催へ IOC会長「組織委と合意」

東京五輪マラソン・競歩の札幌開催について、IOCのバッハ会長(左)は既に大会組織委の森会長と合意に達したとの認識を示した=共同

【ドーハ=共同】国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長は17日、ドーハで2020年東京五輪のマラソンと競歩の会場について「IOC理事会と大会組織委員会は札幌市に移すことに決めた」と、既に二者間では札幌開催で合意に達したとの認識を示した。組織委の森喜朗会長も受け入れる考えを表明した。開催都市の東京都をはじめ札幌市などとの調整がまだ残っているが、札幌開催は確実な情勢となった。

バッハ氏はドーハでの各国オリンピック委員会連合(ANOC)総会で、約200カ国・地域の代表者を前に「(札幌開催は)より涼しく選手の健康を守れる。これは大きな、そして重要な一歩だ」と発言。森氏は東京都内で記者団に「暑さ対策の一環からみればやむを得ない。組織委として受け止めるのは当然」と述べた。

IOCと組織委は30日から3日間、都内で開くIOC調整委員会で詳細を協議する。もともと開催を予定していた東京都をどう納得させるかが焦点となりそうだ。

東京都の小池百合子知事は、調整委で「どのような形がベストなのか、ハードとソフトの両面で考えていきたい」と述べた。札幌市の秋元克広市長は「光栄だ」と歓迎しつつも、費用や日程的な問題を組織委と協議していきたいとの姿勢を打ち出した。

IOCのジョン・コーツ調整委員長は16日にドーハで札幌開催案について「国際陸上競技連盟が早急にコース計画を練って実行する」と実現に自信を示した。森氏は17日、バッハ氏が札幌ドームを発着点とするコースを考えていると明かした。

販売済みの観戦チケットは、購入者に返金する方針という。

中東ドーハで行われた陸上の世界選手権のマラソン、競歩で棄権者が続出したことが決定打となり、先週から開催地変更のプランが動きだした。

橋本聖子五輪相は17日、横浜市内で取材に応じ「決められた方向で成功に向け全力を尽くす」と述べた。スポーツ庁の鈴木大地長官も都内で記者団に「選手や観客の健康と安全第一で運営していくのがいい」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン