/

この記事は会員限定です

激動の中国SNS 「三日天下」で終わった2サービス

[有料会員限定]
日経クロストレンド

2019年9月、中国全土を沸かした「三日天下」のSNS(交流サイト)が2つある。米ナスダック上場企業、陌陌(モモ)が提供する「ZAO」と、SNS最大手の中国版ツイッター「微博(ウェイボ)」を展開する新浪(シナ)がリリースした「緑洲(リュウジョウ)」だ。リリースと同時に消費者の注目を浴びたが、すぐにサービス停止に追い込まれた。

ZAOは、匿名マッチングアプリを提供しているモモが開発した顔交換アプリだ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2804文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン