埼玉労働局、就職氷河期世代を支援

2019/10/17 22:52
保存
共有
印刷
その他

埼玉労働局はさいたま市の「埼玉わかものハローワーク」に、就職氷河期世代を支援する専用窓口を開設した。職業相談や応募書類の作成支援などを実施する。雇用環境が厳しい時期に就職活動を行った世代は、不安定な就労を余儀なくされたなど、課題に直面したケースが多い。専門家が相談に応じ、能力を生かして働ける支援体制を強化する。

窓口名は「35歳からの就活サポートコーナー」で、対象は35歳からおおむね50歳とする。非正規雇用の就業経験が長い人や、就業後の就労期間が短い人、就労経験がない人を支援する。

担当者制による個別支援で職業相談・職業紹介ほか、応募書類の作成、面接練習なども実施する。臨床心理士など専門家による相談も無料で受け付ける。そのほか就業に関するセミナーなども実施する予定だ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]