/

この記事は会員限定です

長崎でIT研究開発拠点の集積進む 人材面の利点評価

[有料会員限定]

長崎県で大手系を含むIT(情報技術)企業の研究開発拠点の立地が進み始めている。2月に富士フイルムが県や長崎市と立地協定を結んだのをはじめ、京セラデンソー系など大手のIT部門や中堅企業6社が県などと立地協定を締結した。地域の中核産業である造船業が苦戦する中、長崎を支える新たな産業への期待が高まっている。

デンソー子会社のデンソーウェーブ(愛知県阿久比町)は2020年4月に、長崎市内にITやロボットなどを活用したシステムやサ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1214文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン