アート広告壁彩る シェア経済圏構築へ、神戸の180

2019/10/18 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

車や住宅などで普及するシェアリングエコノミーがビルの壁にも広がってきた。スタートアップの180(ワンエイティー、神戸市)は建物の壁を企業や個人が自由に使えるサービスを始めた。主にアーティストが企業向けに絵を描くアート広告に使う。遊休資産の壁を活用した新しい経済圏の構築を目指す。作品を観光名所に育て、人の往来を増やす狙いもある。

大阪・道頓堀川沿いの一角。8月中旬に「PARK UP」の文字が描かれ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]