九州経済同友会、熊本でイノベーション推進で大会

2019/10/17 19:27
保存
共有
印刷
その他

九州経済同友会は17日、熊本市で「先端テクノロジー導入によるイノベーションの促進」をテーマに大会を開いた。人工知能(AI)やあらゆるモノがネットにつながるIoTなどのテクノロジーを果敢に取り入れ、長期低迷している九州経済を再び成長軌道に乗せることなどを盛り込んだアピールを採択した。

記者会見する九州経済同友会の貫正義代表委員(右から2人目)ら(17日、熊本市)

大会ではICT(情報通信技術)などを使ったスマート農業を推進する中九州クボタ(熊本県大津町)など、先端技術を事業に活用している企業が実例を発表。高い技術を習得した人材の登用や、企業トップの積極的な組織改革の必要性を確認した。

終了後に記者会見した甲斐隆博・代表委員(肥後銀行会長)は「新たな成長トレンドに移行するには、特定の産業分野に期待するのではなく、全産業の企業がイノベーションを起こし、成果が見えるような努力をすることが必要だ」と話した。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]