「京アニずっと応援」 原作者、色紙の売り上げ寄付
放火殺人事件から3カ月

2019/10/17 19:02
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

放火殺人事件で社員36人が犠牲になった京都アニメーションとの縁を大切にし、支援を続ける人たちがいる。映画化された人気漫画の作者はイラスト色紙を描き下ろし、売り上げを寄付。国内外から集まった義援金は29億円を超え、今月下旬には伝統ある映画祭で京アニの作品が特別上映される。「ずっと応援していく」。事件は18日で発生から3カ月となる。(薬袋大輝、札内僚)

「声にならない思いを今も抱いて過ごしている被害…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]