ヤフー、ペイペイ連携の通販サイト開設

2019/10/17 19:00
保存
共有
印刷
その他

ヤフーは17日、新たなネット通販サイト「PayPay(ペイペイ)モール」を立ち上げたと発表した。同社は出店料が無料で約6万店舗が参加する通販サイト「ヤフーショッピング」を展開しているが、ペイペイモールは出店基準を厳しくし、新たな顧客層を開拓する。年内に家電のダイソンや菓子のロイズコンフェクト(札幌市)など600店が出る予定だ。

ヤフーはペイペイと連携し、出店基準を厳しくしたネット通販サイトを立ち上げた

10月末にスマートフォン向けアプリも提供。スマホ決済アプリ「ペイペイ」と連携させる。電子マネーの還元と連動した独自キャンペーンを行う予定だ。ファッション、インテリア、家電などで機能や価格の比較がしやすいことを売りに、利用者が1500万人超のペイペイから集客する。14日間は返品可能だ。

ヤフーはペイペイモールを出店者を厳選したネット通販と位置づけている。ヤフーショッピングで売上高上位の優良店や上場企業、一定以上の年商の企業などに絞っている。年内にヤフーが買収を決めた衣料品通販サイトのZOZOも出店。ヤマダ電機タカラトミーなどがペイペイモールへの参加を決めた。

ヤフーはフリーマーケット(フリマ)サービス「ペイペイフリマ」も始めたばかり。決済手段のペイペイを活用した電子商取引(EC)の強化策が相次ぐ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]