吉野氏「基礎研究がより重要に」 堀場賞表彰式

2019/10/17 18:58
保存
共有
印刷
その他

堀場製作所は17日、分析・計測技術で活躍する若手研究者を表彰する「堀場雅夫賞」の表彰式を開いた。ノーベル化学賞の受賞が決まった吉野彰旭化成名誉フェローが審査委員長を務め、特別賞を含めて5人の若手研究者を選んだ。出席した吉野氏は「研究のスピードが速くなり、時間軸が変わってきている。基礎研究がより重要になる」と話した。

吉野氏は「基礎研究がより重要になる」と話した(17日午後、京都市内)

吉野氏は受賞が決まってから学生時代を過ごした京都を訪れるのは初めて。吉野氏は今回の堀場雅夫賞のテーマである電池関連の技術に触れ、「電池だけではなく、人工知能(AI)やIoTなどが合わされば環境問題を解決できる」との見方を示した。京都の起業環境については「シリコンバレーと同じ条件がある。『GAFA』に並ぶユニコーンが誕生してほしい」と期待をにじませた。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]