ユニゾへのTOB、再び延長 フォートレス

金融最前線
2019/10/17 20:00
保存
共有
印刷
その他

米投資ファンドのフォートレス・インベストメント・グループは17日、ユニゾホールディングスに対するTOB(株式公開買い付け)の期間を延長した。17日までとしていた期間を11月1日までにする。延長は3度目。

同日関東財務局に訂正届け出書を提出した。「株主の応募状況や今後の見通しを総合的に考慮した結果」という。1株4000円の買い付け価格は変えなかった。

また17日には米投資会社エリオット・マネジメントがユニゾの取締役会に書簡を送り「善管注意義務に従わない場合、あらゆる措置を検討する」と通告したと発表。米投資ファンド、ブラックストーン・グループがユニゾ側の合意を条件に1株5000円でTOBを実施する提案には「真摯に検討するよう、強く要請する」とコメントした。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]