三浦工業、マレーシアに現法 ボイラー販売や保守

自動車・機械
中国・四国
2019/10/17 18:32
保存
共有
印刷
その他

ボイラー大手の三浦工業はマレーシアのクアラルンプールに現地法人を設立した。同国でのボイラーや水処理装置などの販売や保守管理を担う。同国ではこれまでミウラシンガポールの駐在所が事業を手掛けてきた。顧客増加と需要拡大を受けて、より地域に密着したメンテナンス体制の構築を目指す。

「ミウラボイラマレーシア」はグループ会社を通じて設立した。三浦工業は「マレーシアは高い経済成長率で安定して発展を続けており、今後の環境保全や省エネルギー需要の拡大に対応するために開設した」としている。

同社はタイやインドネシアなど、東南アジア諸国連合(ASEAN)でのシェア拡大を目指している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]