/

この記事は会員限定です

元徴用工問題、「解決へ制限設けず対話」 南官杓駐日韓国大使

[有料会員限定]

南官杓(ナム・グァンピョ)駐日韓国大使は日本経済新聞とのインタビューで、元徴用工問題について「解決できるのなら制限を設けず話し合いたい。すべての意見をテーブルに載せて可能性を検討する」と語った。韓国政府は6月、日本と韓国の企業が自発的に資金を出し合い原告と和解する案を提示したが日本政府は拒否した。南氏は同案にこだわらず、韓国政府による関与も排除しない考えを示した。

元徴用工らが起こした裁判で韓国大...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1465文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン