世界エネルギー見通しとトリレンマ 小山堅氏
日本エネルギー経済研究所常務理事

エコノミスト360°視点
2019/10/18 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

エネルギーは市民生活や経済活動にとって必要不可欠の物資である。従って経済成長や人口増加によって世界のエネルギー需要は増加していく。同時に、需要の増加はエネルギー安全保障、環境保全、市場効率などの関連する重要課題に複雑で難しい問題を引き起こす。3つの課題が時にトレードオフ関係にあるからであり、それゆえ「エネルギートリレンマ(三重苦)」あるいはそれぞれの頭文字をとって「3E同時達成の困難さ」と称され…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]