携帯基地局に長時間の予備電源 災害対策で義務化検討

2019/10/17 18:23
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

総務省は台風15号と19号で停電による携帯電話の通信障害が多発したことを受け、基地局に電気を長時間供給できる予備電源を置くようNTTドコモなど携帯大手各社に義務づける検討を始めた。停電しても電波を送受信できるようにし、通信が途絶えるのを防ぐ狙いだ。

今の省令でも蓄電池や自家発電などの予備電源の設置を義務づけ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]