台風被災地、週末また大雨 住民ら氾濫・土砂災害警戒

台風19号
2019/10/17 19:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

台風19号が縦断した東日本で、18日午後から再び大雨となる恐れが強まっている。河川の氾濫や土砂災害が起きるリスクが高まっており、気象庁は洪水警報の基準を3割引き下げ、早めに発表する。被災地では川底にたまった土砂を取り除いたり、ポンプ車を念のため近くに待機させたりと対応を急ぐ。「また雨か……」。住民のため息に不安が混じった。

阿武隈川などの氾濫で町の中心部が浸水し、甚大な被害が出た宮城県丸森町。水…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]