豪雨災害増、土地利用見直しを 財制審が提言

2019/10/17 20:00
保存
共有
印刷
その他

財政制度等審議会(財務相の諮問機関)は17日、社会資本整備と農林水産の歳出を減らす改革案を議論した。豪雨災害が毎年のように発生している現状を踏まえ、「災害リスクを軽減するような土地利用の見直しが十分行われているとは言い難い」と指摘。将来の人口減少などを見据えて、市街地機能の移転や都市開発のあり方の見直しを長期的な課題に掲げた。

財務省は土地利用と治水対策の連携が不十分とみる。コンパクトなまちづく…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]