/

前橋汀子がバッハ無伴奏全曲

バイオリニストの前橋汀子(C)篠山紀信

バイオリニストの前橋汀子が19日、ザ・シンフォニーホール(大阪市北区)で、J.S.バッハの無伴奏ソナタ・パルティータ全6曲を演奏する。前橋は1989年にバッハの無伴奏全曲のCDを発表し、レコード・アカデミー賞を受賞。今年8月、30年ぶりに全曲録音したCDをリリースした。バイオリニストにとって"聖典"とされるバッハの無伴奏全曲への再挑戦は、自身にとっての「集大成」と位置づける。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン