/

この記事は会員限定です

AIで総菜の種類認識 大津屋が導入、レジ作業軽減

[有料会員限定]

福井県内でコンビニチェーン「オレボステーション」などを運営する大津屋(福井市)は、量り売りの総菜をAI(人工知能)を使って画像認識するシステムを共同開発し、コンビニ店舗に導入する。形や具材が様々な総菜を、画像だけで判別できるシステムは珍しいという。レジ作業を大幅に軽減できるとあって、人手不足の解消に期待を寄せる。

計量器大手のイシダ(京都市)と共同で開発した。はかりの上に設置されたカメラで総菜を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1045文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン