[FT]日本の外資参入規制法案、歴史的失策の予感

FT
2019/10/17 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本の株式市場は破滅に向かっているようにはとうてい見えない。16日の取引では、東証株価指数(TOPIX)は3日続伸し、終値は10カ月ぶりの高値をつけた。年初来の上昇率は9%と堅調だ。

しかし、弁護士、投資家、銀行家といった人々の間では、外国資本の日本企業への出資・買収に関する規制強化がもたらす破局のリスクがひそかにささやかれている。彼らの目には、日本が政策上の歴史的な大失敗を犯そうとしているよう…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]