老舗料理店の人形町今半、知立市に弁当工場を開設

中部
2019/10/17 18:00
保存
共有
印刷
その他

老舗料理店の人形町今半(東京・中央)は21日、愛知県知立市に弁当工場を開設する。1200~2700円の価格帯のすき焼き弁当などを生産する。電話やネットで注文を受け付け、名古屋市を中心に自社で配送する。慶事やパーティーなどの需要を見込む。

最初は名古屋市の一部地域と知立市に配送し、エリアを名古屋市全域と豊田市、岡崎市に順次、広げていく。まずは1日当たり1000個生産し、数年以内に1日当たり5000個の販売を目指す。

同社はすでに東京都内で、1日平均5000~6000個の弁当を生産・配送している。名古屋市は、名駅周辺で料理店を2店舗運営していて、そこで弁当の持ち帰り販売が好評だったことから弁当専用の工場を設立した。工場の投資額は非公表としている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]