瀬戸内、先端の宇宙・造船技術 開発の源に
SETOUCHI2.0 海と共に歩む(4)

自動車・機械
中国・四国
2019/10/18 5:15
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

宇宙航空研究開発機構(JAXA)と宇宙ごみの除去計画に取り組むのが、広島県福山市に本社を置く漁網メーカー、日東製網だ。瀬戸内海で盛んなカタクチイワシ漁の網の製造会社として1910年に誕生。結び目の無い「無結節網」の技術を持つ。

糸によりを掛け、互いに交差させて編む。結び目がある網より軽く水の抵抗が少なく、強度も20~30%高まる。JAXAはこの技術に着目し、直径1ミリメートルに満たない3本の金属…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]