スポーツ > Tokyo2020 > GO TOKYO > 記事

GO TOKYO

フォローする

海外の採点基準、認識して反映を…米田功(体操)

Tokyo2020
2019/10/17 17:33
保存
共有
印刷
その他

13日に閉幕した体操の世界選手権で日本男子は団体総合が昨年に続き銅メダル、個人も種目別平行棒の萱和磨(セントラルスポーツ)の銅1つという結果だった。大会を通して最も印象的だったのはロシアの強さ。東京五輪の金メダルを狙うなら、戦略や選考基準の練り直しが必要だ。

ロシアはリオデジャネイロ五輪団体銀のメンバーのほとんどが健在だ。個人総合で圧倒的な強さを示したニキータ・ナゴルニーを筆頭に、前年王者で2位のアルトゥール・ダラロヤンもいる。

複数の有力選手をそろえた陣容は、内村航平(リンガーハット)を軸に加藤凌平(コナミスポーツ)や田中佑典(同)も個人総合の表彰台に上がっていた頃の日本と似ている。「どうやったら差を詰められるのか」と日本を追っていた彼らに立場をひっくり返された。

日本も各選手がDスコア(難度点)を上げたところに1年間の成長は感じる。ただ勝負を分けたのは昨年と同じで、団体決勝でロシアに約3.5点差をつけられたEスコア(実施点)の方だ。

世界の採点基準は演技を正確にやりきるかどうか。ナゴルニーのように体の線が出にくいがっちり体形でも、細かい部分まできっちりやれば高得点が出る。それを日本選手がまねしても国内の代表選考で有利になるとは限らないのが問題だ。

海外で評価される演技が日本の審判に評価されないという現実。図らずもそれを証明したのがチーム最年少の18歳、橋本大輝(千葉・市船橋高)だ。予選のあん馬で見せた正確な演技で、Eスコアが8.883点と全体3位の高評価を受けた。

だが、6月の全日本種目別で同様の演技をしても8.5点だった。Eスコアを決める審判は決定点から離れすぎた点を何度もつけるとペナルティーを受けるので、高得点をつけにくいのだ。良い演技をしてもEスコアが出なければ、選手は無理にDスコアを上げようとして崩れてしまう。

内村が世界をけん引したリオ五輪までは日本の「美しい体操」という理想を追えば良かったが、もはや基準となるのはロシアや中国だ。世界でどんな体操が美しいとされるかを正しく認識し、採点や代表選考に反映しなければライバルの背中は遠ざかるばかりだ。

 
よねだ・いさお 1977年8月生まれ、大阪府堺市出身。2004年アテネ五輪で主将として28年ぶりに団体金メダルを獲得し、種目別鉄棒で銅メダル。現在は徳洲会監督、日本体操協会常務理事。

GO TOKYOをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

五輪関連コラム

パラリンピック関連コラム

電子版トップスポーツトップ

GO TOKYO 一覧

フォローする
体操の世界選手権で日本男子は2大会連続の金メダルゼロに終わった=共同共同

 五輪競技の今年の世界選手権がおおむね終了した。来年の東京大会で実施される種目・階級のメダル数を集計したところ、日本勢が今年の世界選手権で獲得した金メダルは15個。お家芸としてきた伝統競技でやや苦戦が …続き (11/7)

バレーボール女子W杯でスパイクを決める朱婷=APAP

 バレーボール女子で五輪2連覇を目指す中国の絶対エースだ。9月に日本で行われたワールドカップ(W杯)でチームを全勝優勝に導いた。MVPとベストアタッカー賞を獲得した朱婷(しゅてい)は「とてもうまくいっ …続き (11/1)

五輪を見据え、活動の拠点を日本に戻した

 11月30日から熊本県で女子ハンドボールの世界選手権が開催される。日本代表は2年前のドイツ大会で16強入り、強豪と互角に渡り合い世界を驚かせた。ホスト国として臨む今回、攻守の中心として期待されるのが …続き (10/31)

ハイライト・スポーツ

[PR]