/

この記事は会員限定です

グリーンランドに米中が触手 資源・安保の要衝

温暖化で採掘・航行が容易に 翻弄される「デンマークから独立」

[有料会員限定]

【ヌーク(グリーンランド南西部)=竹内康雄】国土の大半が北極圏にある世界最大の島、グリーンランドに米国や中国が触手を伸ばしている。地球温暖化で北極海を航行しやすくなり、資源開発の投資が増えている。地政学上、同島を足がかりに北米やロシアなどに接近でき、安全保障上の重要性も高い。グリーンランド自治政府は海外からの投資誘致で成長し、デンマークからの独立をめざすが、島周辺の緊張は高まりつつある。

首都にあ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1191文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン