P&Gジャパン、「ウィスパー」を尿漏れケアで再投入

2019/10/17 16:55
保存
共有
印刷
その他

プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン(P&Gジャパン)は17日、女性用の尿漏れケア用品の新ブランド「ウィスパーうすさら」を立ち上げると発表した。第1弾として26日に21品目を発売する。米P&Gが尿漏れケア用品を日本で販売するのは初めて。2018年に販売を終了した生理用品「ウィスパー」のブランド名を復活し、新規領域で日本市場を開拓する。

P&Gジャパンの尿漏れケア用品「ウィスパーうすさら」。幅広い年齢層に訴求したいという

尿を吸収する高分子吸収性ポリマーを上から塗布する独自技術を用いて、幅が薄い商品設計にした。店頭で購買するのに抵抗がある消費者を想定し、包装のデザインにもこだわった。

吸水量の異なるライナー、ナプキン、パッドの3種類の製品のほか、下着として使用できるパンツをそろえた。中核製品と位置づける吸水パッド「ウィスパーうすさら安心 多い時でも安心用120cc」は容量16枚入りで想定価格は税別748円。

P&Gジャパンが7月に実施した尿漏れに関する調査によると、20~60代女性の6割以上に尿漏れの経験があるという。年代別にみると、20代でも57%が経験があると回答した。尿漏れケア商品はシニア層向けと認識される場合が多いものの、「全ての女性に向けて訴求したい」(スタニスラブ・ベセラ社長)という。

大人用の尿漏れケア用品の市場は拡大している。富士経済(東京・中央)の調査によると、尿漏れケア用品市場は01年と比較して市場規模が8倍に拡大した。P&Gジャパンの調査では尿漏れケア用品の使用率は2割にとどまっており、新シリーズの発売で市場の開拓を目指す。

米P&Gグループは米国、ドイツ、中国など10カ国で尿漏れケア用品を販売中。海外は「Always Discreet」のブランド名で展開しているが、日本では知名度の高い「ウィスパー」ブランドを使用する。生理用品「ウィスパー」は18年3月に販売を終了した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]