「生命式」村田沙耶香さん 小説で重ねる思考実験

読書
2019/10/19 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

コンビニエンスストアの店員という役割に居場所を見いだす女性を描いた小説「コンビニ人間」で2016年、芥川賞を受賞した。新刊の『生命式』は、09~18年に発表した12の短編からなる。中でも13年に文芸誌に掲載した表題作は「書くことで、自分の頭のなかの既成概念が壊れた。同時に、小説に対する既成概念も壊れた」という、ターニングポイントの作品だ。

生命式は現代の葬式に当たり、故人をしのんで執り行われる。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]