トランプ氏「バカなことするな!」 トルコに異例の親書

トランプ政権
中東・アフリカ
2019/10/17 16:29
保存
共有
印刷
その他

トランプ米大統領がトルコのエルドアン大統領に送った親書=ロイター

トランプ米大統領がトルコのエルドアン大統領に送った親書=ロイター

【ワシントン=中村亮】トランプ米大統領がシリア侵攻を開始したトルコのエルドアン大統領に対し「強がるな。バカなことはするな!」と自制を求める親書を送っていたことが16日、明らかになった。トランプ氏は先にシリアから米軍を撤退させると表明し、トルコに侵攻のきっかけを与えたとの批判を受ける。親書公表はこうした批判をかわす狙いとみられる。

米メディアによると、親書はトルコがシリア北部で軍事作戦を始めた9日付。「良い取引をしよう!」とエルドアン氏に停戦交渉を呼びかける文で始め、トルコが敵対するクルド人主体の武装勢力の司令官がトランプ氏にあてた書簡を「内緒で同封する」と記した。

トランプ氏は「あなたは何千人も殺害することの責任を負いたくないだろうし、私はトルコ経済を破壊する責任を負いたくない」と記し、トルコが軍事作戦をやめなければ制裁を科すと強調した。良い結果とならなければ「あなたは歴史上、永久に悪魔とみなされる」と警告し、「あとで電話する」と締めくくった。

【関連記事】 トルコ軍の軍事行動、120時間停止で合意 米副大統領

感嘆符を含む口語体の文章は外国首脳への親書としては異例。文面は事務方ではなく、トランプ氏自身の言葉であることを示しており、米メディアは外交儀礼を欠いた親書を「稚拙」などと批判した。

トランプ氏はエルドアン氏やロシアのプーチン大統領ら強権的な指導者に親近感を抱いているといわれる。ロシア製の武器購入などを強行したエルドアン氏に米議会の非難が集まるなかでもトランプ氏は対話を続けてきた。今回の親書はエルドアン氏に「友人」であると訴え、攻撃停止を働き掛ける「トランプ流」との見方もできる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]