75歳から年金、どこまで増額? 厚労省が議論開始へ

2019/10/17 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

公的年金の受け取り開始を75歳まで遅らせた人には毎月の年金額をどれだけ増額するのが妥当なのか――。こんな議論が年金制度改革の焦点に浮上してきた。受給開始を65歳よりも遅らせた人が損をしないように年金額を増やす仕組みは今もあるが、長寿化が進んだことで今の増額率では過剰給付になるとの指摘がある。一方で高齢者の就労を促す観点から年金増額を重視する意見もあり、議論は難航しそうだ。

18日に開く社会保障審…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]