HIS系が個人用小型ロボ、スマホで遠隔操作OK

2019/10/17 15:02
保存
共有
印刷
その他

HISグループは自律走行や遠隔操作ができる小型ロボットの個人向け販売やホテルなどでの活用を手掛ける(左から沢田秀雄会長、ハピロボの富田直美社長、テミのガルCEO)

HISグループは自律走行や遠隔操作ができる小型ロボットの個人向け販売やホテルなどでの活用を手掛ける(左から沢田秀雄会長、ハピロボの富田直美社長、テミのガルCEO)

エイチ・アイ・エス(HIS)グループは17日、遠隔操作などができる個人用の小型ロボットを11月から販売すると発表した。自律走行やモニター画面を介した人との対話などができる。離れた場所からもスマートフォンを通じて操作ができる。パルコの店頭や大和ハウス工業の住宅事業などを通じて売り込む。

パーソナルロボット「temi(テミ)」は、HISのグループ会社でロボット開発を手掛けるhapi-robo st(ハピロボ、東京・世田谷)が11月から売る。米国のtemi社と販売契約を結んだ。日本語対応など日本向けの仕様変更はハピロボが担った。

ハピロボの富田直美社長は「自宅でのテレワークで会社でも活用できる」と期待を寄せた。HISの沢田秀雄会長は「グループの新事業の一環。外販に加え(グループの)店舗やホテルなどでも活用したい」と話した。

テミは高さが1メートル、重さが12キログラムの小型ロボット。障害物を避けながら自律走行ができる。頭の部分にはモニター画面が付いており、モニターを通じてビデオ通話や音楽の再生、アプリの操作などができる。音声の認識機能を使って声でも操作でき、スマホを通じて遠隔地からも操作できる。

遠隔操作では、例えば自宅にテミを置いて離れた場所からスマホを通じて動かし室内の様子を確認したり、自宅にいる家族などと話したりできる。会社に置けば、出社しなくてもテミを通じて社内にいる人と会議をすることなどが可能だ。

テミはAI(人工知能)スピーカーの機能も持つため、「音楽をかけて」「部屋の電気を消して」などと声で指示することもできる。価格は29万8000円(税抜)。

販売や商品サポートにおいては国内9社と組んだ。「蔦屋家電」やパルコの店頭などで個人向けに販売するほか、法人向けにも販売する。NTTファシリティーズがマネジメントに関わるビルや病院、大和ハウス工業の住宅などに設置することも検討している。初年度で5000~2万台を販売したい考えだ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]