台風15号で露見した屋根仕様別の弱点

コラム(テクノロジー)
2019/11/8 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

9月9日未明に千葉市付近に上陸した台風15号は、千葉県を中心に4万棟超の建物被害をもたらした。被害が著しかったのは台風の進路の右側に当たる房総半島西部だ。

観測された最大風速は全て建築基準法が定める基準風速内(千葉市は毎秒36メートル、館山・鴨川・木更津各市は38メートル)で、最大瞬間風速も建基法の基準風速による換算値に収まるか、ほぼ同等だった。

■ひねり金物では小屋組み飛散

千葉県内の被災地でし…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経BPの関連記事

電子版トップ



[PR]