官房長官、五輪マラソン開催地「状況を注視」

2019/10/17 12:30
保存
共有
印刷
その他

菅義偉官房長官は17日の記者会見で、国際オリンピック委員会(IOC)が2020年東京五輪でマラソンと競歩を札幌市で行う案を検討していることについて「今後の検討状況を注視したい」と述べた。政府は意思決定に関与しないとしたうえで「暑さ対策はアスリートファーストの観点から重要な課題だ」とも語った。

【関連記事】 マラソン札幌開催案、IOCに危機感 ドーハも引き金

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]