/

官房長官、五輪マラソン開催地「状況を注視」

菅義偉官房長官は17日の記者会見で、国際オリンピック委員会(IOC)が2020年東京五輪でマラソンと競歩を札幌市で行う案を検討していることについて「今後の検討状況を注視したい」と述べた。政府は意思決定に関与しないとしたうえで「暑さ対策はアスリートファーストの観点から重要な課題だ」とも語った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン