「東大阪の宝」地元もエール 引退表明のトンプソン選手

ラグビーW杯
2019/10/17 12:03
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ラグビーワールドカップ(W杯)で日本代表は20日、南アフリカとの準々決勝に臨む。最年長でロックのトンプソン・ルーク選手(38)は13日のスコットランド戦にフル出場し、史上初の1次リーグ突破に貢献した。大阪府東大阪市在住で「地域の宝」との声も。今シーズン限りの現役引退を表明しており、地元は最後となるW杯でのさらなる活躍を願って声援を送る。(中川竹美)

「本当にすばらしい戦いぶり」。W杯の試合会場に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]