靖国参拝に「深い遺憾」 韓国外務省が論評

2019/10/17 11:43
保存
共有
印刷
その他

【ソウル=共同】韓国外務省は17日、靖国神社の秋季例大祭に合わせて安倍晋三首相が供物を奉納したことや閣僚が参拝したことについて「深い遺憾」を示すとの報道官論評を発表した。

靖国神社の境内(東京・九段北)

論評は「日本の責任ある指導者たちが過去に対して謙虚な反省を行動で示すときにこそ、未来志向的な韓日関係の発展に寄与する」と指摘した。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]