ドトール、店内利用の紙コップに「イートイン」シール

2019/10/17 10:44
保存
共有
印刷
その他

コーヒーチェーンのドトールコーヒーは10月1日からの消費増税をうけ、店内利用者の紙コップに税率10%で支払ったことを示すシールを貼る運用を始めた。通常は店内利用の場合にはマグカップで商品を提供するが、紙コップを希望した利用者に対応する。テークアウトは軽減税率対象で税率適用され8%となる。シールを貼ることで、消費者同士のトラブルや混乱を避けるためという。

ドトールコーヒーは店内利用で紙コップを希望する利用者に税率を示すシールを貼って対応する(都内のドトールコーヒーの店舗)

同社の運営する「ドトールコーヒーショップ」では従来、店内利用の場合はマグカップ、テークアウトの場合は紙コップで提供することで区別していた。店内利用の場合でも、持ち出すことができる紙コップを希望する利用者もいたため、混乱を避けるために「EAT IN」と書いたシールを貼る取り組みを10月中旬から始めたという。

1日の消費増税で税率は店内飲食が10%であるのに対し、持ち帰りは軽減税率で8%が適用される。テークアウトの税率で支払い、店内やイートインスペースを利用する「イートイン脱税」が問題になっていた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]