台風被災地、復旧作業続く 週末大雨に警戒

2019/10/17 10:40
保存
共有
印刷
その他

台風19号の被災地では、17日午前も安否不明者の捜索や復旧作業が続いた。気象庁によると、東北や関東は18日から19日にかけて広範囲で大雨になる恐れがあり、同庁は河川の氾濫や土砂災害に警戒を呼び掛けている。

総務省消防庁によると、住宅の浸水被害は17日朝の時点で3万3616棟となった。死者は12都県で77人、行方不明者は十数人とみられる。厚生労働省によると、13都県の10万5千戸で断水が継続。経済産業省によると停電は1040戸と解消が進んだ。国土交通省によると、河川の決壊は7県の64河川、111カ所に上った。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]